ハイブリッドなレンタカーを24時間借りよう

名古屋でレンタカーを格安で借りよう

新型コロナウイルスが日本で猛威を振るい、多くの人々が感染のリスクにさらされています。しかしながらお盆には名古屋に帰省して死者の魂をお迎えし弔ったり、墓の掃除やメンテナンス親戚との親睦を行わなければいけない人もいるでしょう。そこで問題になるのが交通手段だと言えます。コロナ禍でおすすめの交通手段についてご紹介しましょう。

日本の夏に見られる国民大移動

新型コロナ感染拡大が今最も深刻になっています。それはインド変異株のデルタ株が台頭しており、感染力も従来型より強いと言われています。政府は自粛やステイホームを叫び、自助努力やお願いベースで菅瀬拡大を阻止してきました。しかしながらデルタ株は願いベースでは抑制することは不可能であり、自粛生活疲れが多くの人に見えています。

感染拡大していると言っても身近な人に感染者が確認できず、自分は大丈夫だと言い聞かせ感染対策をしつつ外出する人もおおくなってます。せめてお盆ぐらいはと、今年の夏休みには旅行や名古屋に帰省を考えている人も少なくありません。日本の多くの企業は夏休みを同一日、同一週間に定めているので8月15日前後に国民大移動がみられるようになります。そのことで一気に新幹線や飛行機のニーズが高まってしまい、こうした交通手段も料金が非常に高くなるほか満員状態になります。

新幹線にいたっては乗車率150パーセントなども見られ、吸う時間を立ちっぱなしで移動しなければいけません。コロナ禍でありながら、去年よりも人出が見込まれ新幹線や飛行機は密になってしまうので移動手段として考えものなのです。

新幹線と飛行機での移動の問題点

新幹線は満員で立ちっぱなしで吸う時間移動しなければいけません。家族で帰省するには過酷であり、子供がぐずって泣いてしまい他者に迷惑をかける可能性が非常に高いです。

そして去年よりも新幹線の利用者も多くなり、車内での密状態が深刻な問題です。デルタ株は一説ではすれ違っただけでも運が悪いと感染することもあるとされています。万が一子供が感染し、それを帰省先の祖父母にウイルスを感染させてしまったらと懸念が深まります。飛行機においても同様のことが言えるでしょう。

新幹線のように自由に空間移動できない分、密になりやすく感染リスクは高まります。子供も飛行中は体が拘束されていやがって泣くことも多々あります。そこでおすすめしたいのが、車を借りるという選択肢です。車は交通渋滞がありますが、家の様で家族だけの密なので感染リスクを最小限に抑えることが可能です。

車の中で泣いたとしても、他者に迷惑をかけることなく心理的に負荷が少なく規制が実現するのです。車であってもピーク時を避け早朝や深夜出発、できるだけ下道を通る、ピーク日を避けるといったことで渋滞を回避することも可能となってきます。現地での移動手段でバスや在来線を利用する必要もなく、手間や時間、コストも最小限に抑えられお勧めなのです。

名古屋の格安レンタカーについて

車を借りて帰省や旅行すれば、現地でのバスや在来線の乗り継ぎや移動、コストを一切考えずに済むというメリットもあります。

人数が多ければ大きい程、一人頭の旅費交通費は安く抑えられるメリットもあります。名古屋現地で祖父母を拾い、そのまま旅行すればより旅費は安くつくことになるんです。ワゴン型などを借りたり、キャンピングカーを選択するという方法もあります。ワゴンやキャンピングカーであれば車内も広く移動時の睡眠やホテル代わりに活用することも可能となり、さらに宿泊料金もコストカットでき格安になるわけです。

自宅近くの最寄りのレンタリース会社を利用して車を借りる人もいます。しかしそのような短絡的な方法で車をかりると、高い料金で借りることとなってしまいます。そこでネット上でレンタカーの比較サイトを活用しかりることをおすすめします。比較サイトを活用するとさらに格安で借りることができるようになります。

比較サイトで日付、出発や目的地、希望の車種などを入力すると複数社のプランが安い値段順に列挙されます。さらにチャイルドシート貸出か、面積保証付きか、カーナビやETC装備化を一目瞭然で確認できて便利です。事前予約でQUOカードももらえることもあり、さらに格安な旅が実現します。
新型コロナ感染拡大で自粛生活が長引き、自粛生活疲れもあって今年のお盆休みは人の移動が前年よりも多くなることが予想されます。

新幹線や飛行機では密になり感染リスクが高いので、レンタカーを借りて移動することをお勧めします。比較サイトを活用してレンタカープランを選べば、より安くお得に旅行や帰省を実現させることが可能です。レンタカー 24時間のことならこちら